予期せぬ妊娠でお悩みの方と赤ちゃんの命をお守りし温かい家庭への特別養子縁組をサポートする特定非営利活動法人NPO Babyぽけっと

感動エピソード

baby pocket

特別養子縁組確定までの感動エピソード


<裁判確定の感動エピソードNo.5>

裁判の途中から実親さんと連絡が取れなくなってしまった、私たちの裁判のケースをご紹介いたします。

私たちの担当調査官は2児の母だという30代くらいの女性でした。初めての面接の際、私たちが抱いた小さな子供を見て「可愛いですねぇ」と目を細めて声をかけてくださった、とても優しい印象の方でした。

裁判申立書の理由欄にBPのホームページを記載していたため、調査官も事前に見てくださったようで、また、申立書に添えた縁組の委任状や承諾書等の書類が揃っているということで、BPの活動に対してとても好印象を持ってくださっているようでした。

その日は、これから進められる調査、裁判の予定が提示され、丁寧な説明がありました。
最終面接の予定の下には、試験養育期間が終了となる日として裁判の申立てをした日から起算した6か月目の日にちが記載されており、この日を目標に養親の家庭訪問と面接、実親さんへの調査も進めていくとのことでした。
各地域、各調査官によって試験養育期間に差があると聞いていたので、日程が明確に示されていることはとても安心できました。(私たちの地域では、民間団体からの縁組の場合、児童相談所の関与は無いとのことでした。)

最初の面接から約1か月後、調査官より実親さんとまだ連絡がとれていないと報告がありました。
郵便物は裁判所からの物とわからないようにしてほしい、という実親さんからの希望を伝えていたので、調査官もそれに従って発送してくれていましたが返信はなく、途中から実親さんが返信しやすいように返信用封筒に切手を貼って発送することを相談されました(切手代がこちらの負担となるため)。しかし、切手を貼って出すも、その後もやはり返信はなく、電話でも一切連絡がつかないとのことでした。
さらに約1か月後、今度は実親さんへの郵便物が宛て所不明で戻ってきたとの報告がありました。

そのため、実親さんの代わりにマザーさんから話を聞くことに方針を変えてくださいました。その際、現状も報告してくださっていたので、マザーさんからも実親さんに電話をしてくださっていたそうですが、その後も連絡はつかず時間だけが過ぎていきました。

子供のお引き渡しの日、マザーさんから「実親さんには子どものために裁判だけはしっかりやるよう伝え、本人も“わかった”と言っていたから大丈夫だと思う」と聞いていたため安心していたのですが、裁判が進まなくなってしまうのではないかと不安になりました。

調査官が調べたところ、実親さんの住民票が移っていないことから自宅を訪ねるという方法もあるようでしたが、“手紙と電話で何度も連絡を試みたが郵便物の受取りを拒否していること”、“委任状や承諾書等の必要書類が揃っていること”、“子供のために1日も早く入籍できるよう裁判を進めるべき”等の理由から、裁判所は最終的に実親さんの育児放棄と判断するとのことでした。

私たちとしては将来子供に真実告知をする際に、実親さんの行方がわからない状況のままで良いのだろうか?、育児放棄だと伝えるのだろうか?という疑問もありましたが、その一方で1日も早く実の子として子供を育てる環境を作ってあげたいと思う気持ちも強くあり、裁判所の判断を受け入れることにしました。

その後、当初の予定通り調査官による家庭訪問と面接が行われ、目標としていた期間で試験養育期間を終え、裁判官に調書を提出していただきました。
実親さんが所在不明となったため、審判書が届いた後「公示送達」という手順が必要となり、審判確定まで通常より長い4週間の期間が必要でしたが、それでも裁判申し立てから約7か月で審判が確定しました。

裁判中に実親さんと連絡がつかなくなるケースでは、裁判が長引いてしまったり、必要な書類や手続きが増えたりという話を聞きますが、私たちの場合は調査官と裁判官が子供のことを第一に考え、当初の予定通り裁判を進めてくださいました。
子供にとって何を優先すべきか、何が幸せなのかを常に考え、今回の裁判にご尽力くださった調査官と裁判官に心から感謝いたします。


<裁判中の感動エピソードNo.4>

ある裁判所の調査官から連絡があり「養育機関の半年も完了しますので最後に実親さんの気持ちの確認をしたいと思います。書類もきちんとしたものを出して頂いておりますし実親さんとその保護者の署名捺印もされていますから何ら問題はありません。また会の担当者さんが実親さんとその保護者さんに直接面会されて確認されているのでわざわざ私が出向かなくても電話で先に保護者の方が出られたらそのまま実親さんのお気持ちに変化がないと聞けば保護者の方のその回答でもいいと思われます」と言う事でした。
これは素晴らしい回答だと思います。

大半は必ず承諾書もそして実親の面会とその意思の確認もしないと確定は出さないのに電話でしかも保護者が出たら保護者の回答でも構わないと言うのですから驚きです。

この調査官は養親さんからも凄く感じのいい方だと聞いていましたが私に連絡して来た時でも本当に丁寧で優しい感じの調査官で当たり!と思いました。
そして私に実親さんの方は私に聞いてから進めて行きたいと言うのです。

当会では実親さんにもその後の裁判の流れは資料でもそして口頭でも説明しておりますので自分も1回は裁判所から呼び出しがある事は重々承知しております。
多くの裁判所は「裁判所の名前の書いた封筒で出してもいいのか」とか「裁判所が直接電話連絡をしても大丈夫か」と聞いて来るので他の団体では裁判の流れなどは実親には教えないところもあるのだと思います。
私は「実親さんも承知しているはずですから直接連絡されても問題はありません」と答えると「ありがとうございます。助かります」と言われます。当然だと思うのですが言わない方がおかしいと私は思っていました。

こういう調査官だと何回でもお手伝いしたいし出来る事はこちらとしても応援したいと思います。
同じ裁判をするにも大きな温度差があるのが何ともいい気がしません。
みんなこの裁判所で審議出来ればいいのにと思いました。
確定も思ったよりずっと早いと思います。


<裁判中の感動エピソードNo.3>

私たちは、第二子の特別養子縁組の申立をしました。
第一子の経験もあり、子供の縁組が決まって、引渡しの日程が決まってから、裁判所へ申立用紙をもらいに行き、必要書類を整えていました。
この、地域では、私たちしか前例がなく、前回の経験もあり、書類がすべて揃わなくても進めていきますので、ある書類だけでも受理して進めます。と、調査官さんから、言われました。

提出して、5日後に、第一回の調査となり、とてもスピーディーで戸惑も感じ、不足の書類は、後でいいです。一日も早くしていきます。の言葉には嬉しい限りでした。

調査は、第一子の時を参考に進められて行きました。
仕事上、聴かなければいけないであろう、と思われる言葉もありました。
Q「なぜ、普通養子縁組とちがい、特別養子縁組を選んだのですか」
A「実子として、迎えたかったのです」
これは、おそらく、何処でも聞かれることだと思いますので、平然としていました。
初めてのケースであれば、動揺したり、傷ついたりつすと思いますが、自分たちの思いを強く伝えるこどが、調査官さんにも、理解してもらえると思います。

今後の予定も大まかに相談して、私たちの予定に合わせます。と、とてもいい感じの調査官さんでした。
中立の立場にいなければいけないので、実親さんとも面会して、子供を養子縁組する経緯も知る必要もあると、言われました。
そうですね。それが、仕事ですから。
でも、今、この生活が壊れないようにと感じます。と、心使いも感じました。

第二回の家庭訪問の日程も次の日にお電話頂き、前に進んでいく感じです。


<裁判中の感動エピソードNo.2>

初めての調査官の家庭訪問の日、駐車場を確保してお待ちしていたら自転車でいらっしゃいました。「裁判所の車だとご近所の人の目があって嫌という方もいらっしゃるだろうし、今日は晴れてて気持ちがいいですからね」とすがすがしい調査官。

児童相談所の方2名、市役所の児童福祉課の方が1名、計3名家庭訪問にいらっしゃるということで養親は張りつめて大緊張。でも赤ちゃんはこれまでになく元気いっぱいで体を動かしたり笑ったりうんちをしたり。3名とも大喜びでお帰りになりました。近所のおばさんが赤ちゃんを見に来てくれたという様相 で、そんなに緊張することなかったなあと安堵。

裁判確定の連絡が来たとき、養母が仕事中の養父へ電話すると、電話先で号泣してしまい「今からすぐ裁判所へ行こう」と言って家に帰ってきて、そのまま赤ちゃんと3人で裁判所へ確定書を受け取りに行きました。


<裁判中の感動エピソードNo.1>

  • 養親の呼び出し調査の時に、夫婦の永い治療期間、つい辛い時期を思い出し養母が泣き出してしまった。すると担当調査官は女性で同性として気持が理解できるのか一緒になってもらい泣きしてくれた。そして「なるべく早く審判が下るようにどんどん進めて行ききましょうね」と言ってくれた。
  • 実親が子供を引き渡し後、裁判所が連絡を取ろうとしても取れず、そのまま実親は行方知れずとなった。養親と会と相談して弁護士の用意を進めていたが会の照会書や必要書類の提出だけで審判は下り、実親の呼び出し・面会しての聞き取り調査なしで完了した。
  • 実親が事故(レイプ)による妊娠であり未成年の学生でもあるので呼び出し調査は行わず、書面のみの調査で審判は進み結審した。寛大な調査官・裁判官の判断だった。
  • 担当調査官(若い男性)が養親に「実親に何かメッセージとかお手紙とかあれば受け取り渡しますよ」と聞かれて実親宛の手紙を渡したところ、実親から返信の手紙をもらった。この調査官のはからいにとても感謝した。

    baby pocket


<児童相談所での感動エピソードNo.1>

妊娠中の未成年の娘とその母が児童相談所に行き、娘は男性職員と別室で乳児院への入院の説明を聞き、母親は女性職員と違う部屋で事情説明をして「すでに私たち母子は子供が誕生したら養子に出す覚悟でいる」と伝えると本来子供は1個の家庭で両親と生活する方が絶対幸せですよ。子供は施設ではない方が私もいいと思っています。ここならきっとお母さんの気持をしっかり汲んでくれると思います」と当会のHPのアドレスを書いたメモを渡してくれた。そして男性職員と娘が戻ると何もなかったかの顔をして退席して行った。(行政でも人それぞれの考え方があり個人差があるのかと思った。これでいいのかと・・・実親の感想)

BabyぽけっとTOPページに戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional